自毛を活かす | 薄毛の悩みサヨナラ┃育毛シャンプーで髪の毛のアンチエイジング

自毛を活かす

自毛でフサフサ

近年のAGA治療の一環で自毛植毛をする方が増えているようです。一般的に側頭部や後頭部の抜けにくい生え変わりやすい所から自毛を薄い部分に植毛します。前々からあった人工毛に比べ自身の毛を使うため、拒絶反応が少ないのが特徴です。しかしながら注意すべき点が何点かあります。1つ目は保険がきかない治療であることです。その為費用が多くかかってしまいます。また自毛植毛は従来の植毛と同様に治療期間が長いです。毛を定着させている期間に、いじってしまったり化膿してしまいますと全く効果がないばかりか、薄毛治療自体が出来なくなってしまう恐れがあります。ただし、治療法を確立したクリニックが日本にもありますので、治療実績の豊富なクリニックを調べ、よりよい治療を受けましょう。

頭皮の状態をチェック

自毛植毛をすることで重要なのは、自身の頭皮の状態を知ることです。まず円形脱毛症の方は薬の治療で十分です。なので男性型の脱毛症の方は受ける価値があります。また最近では痛みの少ない植毛手術を売りにしているクリニックがあります。主に首都圏に集中しているようですが、最先端の植毛ロボットを採用しているクリニックがあるので、こちらを試してみるのもいいかもしれません。また先ほども述べましたが自毛植毛治療は治療期間がとても長いです。術後の患部は、他の手術と同様傷になっていますので、いじってしまったり不衛生な環境で放置しないように心がけましょう。髪は漢字で書くと長い友達と書きます。ぜひ自毛植毛でまた長く自分の髪と付き合っていきましょう。